アメリカンハウスマニュアル

かんくろう工房「アメリカンハウス」お買い上げ、ありがとうございます。
まずは、キットの中身のご紹介です。
もし、足りないものがありましたら、ご連絡くださいね。
このページで、出来るだけ詳しく説明してまいりますので、頑張って完成させてくださいね。
それでは、ご一緒に、レッツ メーキングハウス!


パーツ画像 パーツ画像
側面壁板・正面窓大・壁板用貼り付け棒 ソファーセット・玄関横壁・玄関壁・後ろ土台カバー・柱
土台支え・内装飾り用棒
床板・土台板・窓枠・カーペット2種類 大屋根板・中屋根板(窓大用)・小屋根板(ドーマー用)
小窓(ドーマー)・小窓用柱・屋根ふち飾り用棒
階段用棒・テラス板・テラス支え・テラス手すり・窓ガラス・ドアセット 屋根瓦用ペーパータイル・壁用レンガタイル・壁紙・屋根装飾用紙
自分で用意するもの
 カッター・はさみ・ボンド・ピンセット・爪楊枝・画鋲
 紙やすり(150番くらい)・下に引く硬い物(カット板)
 あれば、強力接着剤

全体の注意事項
 木は生き物です。長い間放置されますと、変形しますので、
 出来るだけ早くお作りください
 壁の工程をするときは、裏表同じ時に作業をしてください
 片面で終わると、木が反ってきます
 もしも反った場合、カーブの内側に霧吹きで水をかけ、
 平らになるように上から重石をかけてしばらくおきます
 ボンドのはがし方
 水を少し含ませ、1〜3分置くと、やわらかくなって、はがすことが
 出来ます。
植木・植木鉢(室内用)・芝生粉・芝生草・粘土・家具セット


マニュアル
1.全ての壁板に、下から2センチの所に線を引きます 2.土台の板の上部分の、端から1センチのところに線を引きます
3.床板にカーペットを貼ります
  床板にボンドを満遍なく上して、好きな方のカーペットを乗せて
  裏側から切り取ります。
  板に沿ってカッターを引くと上手く切れます。
4.床板の裏側に、支え棒を写真のように7箇所つけます
  写真の手前が前部分になります
5.床板を土台に固定します
  床板の、後ろ部分の支えと土台に引いた線が添うようにします
  左右は1センチほど開く位置になります
6.壁板の下準備
  壁板の2センチ部分にタイルの目地を塗ります。
  見本では白色を使っています
  柱にも白色を塗ります(好みで変えてくださいね)
  窓の切り抜き部分の内側にも、白色を塗っておきます
7.壁に貼り付け棒を貼っていきます
  線の上に初めの1枚を貼り付けます
  その上に、1ミリ弱ほど2枚目を重ねて貼り付けます
8.ボンドを塗る位置です
  下の棒の上端と貼り付ける棒の下の端にボンドをつけます
  爪楊枝などを使って、丁寧につけましょう
9.斜めの部分は、板部分にかかるところだけボンドをつけて貼り、
  ボンドが乾いてから、裏側からカッターで切り落とします
  一度できるのではなく、何度も線を引くようにして切ると
  上手く切れます
  切れ端も、細かい部分に使えるので、とっておいてくださいね
10.壁板の内側に壁紙を貼ります
   2センチうの部分に、ボンドを薄く伸ばして壁紙を乗せて貼ります
   壁紙は、霧吹きなどで水をつけても貼る事が出来ます
   2センチ下の部分には、壁紙を貼らない様、注意してください
   
同じ要領で、全ての壁に貼り付け棒と壁紙を貼っていきます
11.窓大の切り抜き部分の上部は、少し空間にかかるようにして
   貼ります。斜め部分は、横壁の切り落とし部分を使うと
   上手くいきます
   カーブの内側より、少しはみ出しているほうが、窓枠が
   貼りやすいです
12.壁の色を塗ってから、下の2センチの所にレンガタイルを貼ります
交互に貼るようにすると、雰囲気が出ます
13.玄関部分の窓際は、端の所は1センチ何も貼らずに置きます
   この部分に14の壁板がきます
14.横壁も同じように貼ります
15.小窓は、何も貼らず色だけつけます。(横壁は貼ります)
   横の柱を接着したら、屋根にかかる三角の壁の傾斜にそって、
   柱を斜めにカットしてください。
16.土台に緑の絵具で、色を塗ります。
    土台の側面も、忘れず塗って下さい

 
15の補足
右側の写真のように斜めになるように、カットしてください
カッターの刃を、少し力を入れて下に押し付け切ります
17.小窓の横壁は、直角部分が前向きになります
  板に丸印が付いた方が前です。左の写真を参考にしてください
18.ドアを組み立てます
   枠を作ります。板の向きに注意して、四角の枠を作ります
   ドア飾りは、写真のように貼り付けてください。両面同じように
   します。ドアノブは、押し付けて、差し込んでください。
19.色を塗ります。乾いたら、ドア枠にはめ込んで、枠の上板の
   端から2ミリの所に画鋲を差し込んで、ドアまで穴を開けます
   その穴に、針金を差し込み、差込口にボンドを少しつけます
   下側も同様にします。
20.ドアを玄関の壁に接着します。枠の側面と下面にボンドをつけて
   固定します。
21.窓枠の切り抜き
   よく切れるカッターの刃で、写真のように切り抜いていきます。
   紙のほうを回すようにして切ると、上手くいきます。
   失敗したら、プリント用の画像を送りますので、ご連絡を〜
22.ペイント
 窓枠の裏表に絵具を塗ります。
 絵具で補強されますので、必ず塗りましょう。
 アルミホイルをぐしゃぐしゃにして、乗せて塗ると上手くいきます。
 よく乾いたら、壁板に表から貼り付けます
 切込みを覆うように貼ってください
 玄関部分の下は、2センチのラインの下へ行かないように。
23.ガラス
  アクリル板を窓に接着します。
  もし、あれば強力接着剤を使うと良いでしょう。
  瞬間接着剤は、ガスが発生してアクリル板が曇ることがあります
  ので、避けてください。
24.外側から窓枠を貼り、アクリル板を固定して(入りづらいときは、
   はさみで切ってください)、内側にカーテンを貼り付けます。
   付属の布の上1センチを切り取り2等分、残りを
   4等分にします。窓の上に少しひだを寄せながら上カバーを貼ります。
   横は、裏側を内に入れて、窓の上部分と中央部分に接着します。
   壁の両端に、着色済みの柱を接着します。
   玄関部分は、窓枠とアクリル板だけです。
   ドアの上は、裏表に枠を貼ります。
  
25.壁の立てかけ
  土台支えと、床の側面、壁板の下や側面にボンドをつけて
  組み立てます。全体写真を参考にしてください。
26.順番
   玄関(ドア面)・小横壁・窓大壁・側面大の順に貼り合わせて
   いきます。小横壁が、床から前にはみ出すようなら、カッターで
   少し削ってください。
27.仮組み
   屋根板を乗せて、合わせ具合を見てください小屋根や中屋根の
   接続する場所を、鉛筆で線を引いておきます。
28.線の周りぎりぎりまで、屋根瓦を貼り付けます。
   縁は、5ミリ外へはみ出す用に貼ります、
29.小屋根・中屋根は、瓦を貼り付けます
   小屋根の縁は3ミリ、はみ出すように貼ります。
30.色を塗ります。繋ぎ目のカバーに使う紙にも色を塗っておきます。
   縁のはみ出し部分の裏側にも塗ってください
31.色塗りが出来た状態です。
   小窓の切り口の内側には、白の絵具を塗っておくと綺麗です
32.何枚かの瓦の、裏表に色を塗っておきます。
   屋根をジョイントした後、隙間を埋めるの使います
33.大屋根を固定します 34.壁板の斜めのラインに沿って、大屋根を接着します。
   写真のように、斜めラインの終わる地点に、屋根板の端を
   合わせます。
35.玄関部分の上にも、ボンドをつけます 36.小窓を接着します
37.小屋根・中屋根を接着します。
   合わせ目は、少し隙間が開きます。
38.繋ぎ目の隙間を、カバーで隠します。
   2センチの紙を、山折・谷折にしてはさみで切ります。
   紙同士の合わせ目は、斜めになるように切ってください。
39.小屋根の合わせ目は、1センチ幅の方が綺麗です 40.屋根が反らないように、板の切り口に沿って、長い棒を貼り付けます。
   色を塗ってから、貼り合わせてください。
41.テラスの確認
   テラスの板を、玄関の前にはめて見ます。
   若干、横を切らないと入らないかもしれませんので、
   カッターで削ってください
   足部分は、丸印が付いたほうが上に向くように置きます
   テラスの前のふちと、足の側面に色を塗ってから接着します
42.手すりの組み立て
   コの字になるように、二組接着します
43.細い棒を等間隔に4本つけます
   付けた面は、内側(裏側)になります
44.階段
   手すり、階段の木に色を塗ります
   テラスの淵に階段の2段目をつけ、その前に1段目を置いて
   接着します
   写真のように重なります
45.手すり
   壁に着く位置に手すりを固定します
46.階段の下にも手すりをつけます(色を塗ってからしてください)
   太い棒を(長いほう)縦に、斜めの切込みがあるのが上に乗ります
   外側の横から、細い棒をつけます。
47.テラスが完成した様子です 48.室内飾りの棒に色をつけます
   牛乳パックに両面テープを貼り、その上に木を乗せて塗ると
   手が汚れず、綺麗に塗れます
   乾燥後は、早めに牛乳パックから離してください
49.飾り桟
   屋根の下側に飾り桟をつけます
   側面も同じようにつけます
50.土台の下側を、板で隠すように覆います
   各壁の繋ぎ目には、5ミリの板を、屋根のつなぎ目には2ミリの棒を。
   目立つ場所を隠していきます。
   窓と壁のつなぎ目は、2ミリの棒を使って下さい。
   床と壁は、壁側に5ミリの板を貼ってください
51.ガーデン
   粘土を植木の置きたい部分に、小山を作るように置きます。
   置く場所にボンドをつけ、粘土を固定しましょう
   粘土に差し込んで植木を置きます。
   差し込むときに、根元にボンドをつけて差し込みます。
   高さは、はさみで切って調整します。
52.芝生
   土台のあいている所に、ボンドを広げて、芝生の粉を降り掛けます。
   壁の際などは、草をつけると綺麗です。
   少し押さえつけるようにして、草を接着します。
   多い目につけて、ボンドが乾いてから、掃除機で余分な粉を
   やさしく吸い取ります
53.側面
   壁際に草を貼ってください
54.室内用植木鉢
   植木鉢に粘土を入れて、植木を差し込みます。
   根元にボンドをつけてくださいね
55.ソファーセット
   テーブルは、ビーズを2個縦に重ねてボンドで接着、
   足部分になります
   アクリル板の裏側につけて、完成
   ソファーは、スポンジを好きな形に整形して色を塗ります。
   定規で筋目をつけたり、指で押して丸みを出せますから
   やってみてください。
   裏側に爪楊枝を刺して、色をつけたら完成
56.これで完成です。
   後は、家具を好きに配置して、楽しんでください

変色を避けるため、絵具部分に透明ニスを塗ることをお勧めします
分からない所がありましたら、いつでもお問い合わせくださいね
お買い上げ、ありがとうございました

                                    by かんくろう