かんくろう忍者になるの巻き

 にんにん!

2005年8月16・17日 三重県へ旅行〜
今年はお盆休みが仕事の都合で、前半後半に分かれてしまった。
そこで、後半を利用して小旅行に出かけたよ〜(どっちにしても行くんだけど)

朝9時にミッチと山科駅で待ち合わせをして、いつものように愛車キャロルで元気良く出発!
1号線を使って、まずは鈴鹿を目指す。
三重県のガイドブックを見ていたら、とっても美味しそうなお料理を発見!
これはどうしても食さねば...色気より食い気が盛んなお年頃(いくつだ?)なもんで、ワクワクしながらお店を探す。
かんくろうが探していくと、「定休日」って言うのが多いので、今回はちゃんと電話で確認して予約までしちゃった。
さすが食べることとなると気合が入ってる。(他のことも気合を入れろ!笑)
地図を見ながらうろうろして、なんとかお店にたどり着く。道路も空いていたし、予定より30分も早くついちゃった。
お店に入って、お目当てのお料理を頼もうとしたんだけど、それは夜のコースの前菜だって。
しょうがないからお昼のランチにすることにした。
でも、これがまた大変!
三つのコースがあったんだけど、ミッチが明日は「伊賀牛を食べるから今日はお魚だけにしよう」って言い出した。
勿論お魚だけのコースはあったんだけど、そのお魚が気に入らないらしくて、お肉と一緒になったコースのお魚の鯛が良いってごねだした。
ちょっとぐらい高くなっても良いから、鯛でお魚だけのコースを作って欲しいってお店の人に交渉しだしたよ。
お店の奥に居るシェフがOKを出してくださって、ミッチのわがままが通じちゃった。
やっと出てきた念願の鯛様は、それはそれはとっても美味しかったです〜
時にはミッチのわがままもいいことをする!

お値段も、そのままだったので、チョー嬉しかったよ。
とっても優しくて、とっても美味しい「西洋軒」さん、ありがとうね〜

国道から海沿いへ入った道にあります 可愛いレストランでしょ? 鯛のムニエル、美味しかった〜

おなかも膨らんで、上機嫌の二人は、一路榊原温泉へ向かってひた走りました〜
途中何度か道を聞きながら、くねくねと走ること1時間弱。なんとか榊原温泉につくことが出来たよ。
道に迷いそうになるとミッチが、ここはさっき見たから違う!っていうんだよ。一度通った道だけは覚えているという、変なナビです。
くるくる回ると方向を見失うかんくろうにとっては、貴重なナビかもね。(笑)
旅館に着くとチェックインまでまだ1時間あるというので、ちょっとコーヒーでも。
ゆっくり飲んでいるうちに、ミッチは隣にあったお土産コーナーでしっかりお土産チェック。さすが達人!
湯元榊原館と言う所に泊まったんだけど、新館は高いので休館へ。だって、温泉が良かったら寝るだけのお部屋は古くても辛抱できるもん。
でも、設備は古いけど、静かないいお部屋でした〜
早速内湯へ直行。珍しい冷泉のお湯に40分も浸かって来ました。「40分浸かると、温泉効果で痩せるよ」この一言が効きましたね〜
痩せたかどうかは分からないけど、お肌はつるつるになったよ。
健康にいいというお食事を、美味しく頂いて、今度は屋上の露天風呂へ。
これが最高だった!夜空のお月様を眺めながら、滑滑のお湯に浸かる。古だぬき隊員の報告どおり、とっても素敵な露天風呂でした。
翌朝も、ミッチにたたき起こされ、6時から内湯と露天をはしご。温泉三昧を満喫しました〜
山のようなミッチのお土産を車に積んで、今度は伊賀・忍びの修行へ出発〜

お部屋から見た景色 ミッチがみぁやさんにわがままを言って作ってもらった
ピンクパンサー  でかい!
これが噂の「ガーコ」です
今回は同伴しました〜

伊賀・上野に着くと、お教室のくの一さんが出迎えてくれました。今日一日、忍びの師匠です。
早速、忍者の服装に着替えなきゃって、連れられて行ったのは市役所の観光課。
ここで忍者の衣裳を貸し出ししてるんだって。こんなチャンス、めったにないので、のりのりでお着替え。
かっこいい(?)女忍者が出来上がり〜それにしても、この格好暑いよ!
ちょっぴり恥ずかしいけど、おばさん3人、向かう所に敵なし!堂々とお城まで行って写真を撮ってきました〜(恐!)

なにやら怪しげな人影...怪しすぎ? ミッチもなかなか様になってるけど
サンバイザーの忍者っている?
さすが師匠、似合いますな〜

お昼はくの一さんが、かんくろうのお誕生会を開いてくれて、美味しい伊賀牛をご馳走になりました。
これまたしっかり頂いて...ダイエットはどこへ行ったんだろうね〜ま、いいか!
俳優・椎名桔平 の実家が喫茶店をしてるって言うんで、早速コーヒータイム。
おしゃれなお店で、上品そうなご両親がお店をやってらっしゃいました。ちょっと緊張したせいか、ガーコを忘れそうになり大慌ての一幕も。
イケメンというだけで緊張する変なかんくろう、免疫がないせいかな?(爆)
そのあと、待望の組みひも教室へ連れて行ってもらいました。
8本の糸を交互に交差させ、綺麗な紐に編み上げていきます。体験コースでブレスレットが作れるので、ミッチと二人で挑戦です。
20分ぐらいで出来上がってしまうので、とっても楽しい。でも、やっている時のかんくろうはいたって真剣。
間違わないように慎重に、糸を動かします。ちょっと休むと、次の糸が分からなくなるんだもん。チョー真面目でした〜
おかげで、素敵なお土産が出来ました!

町外れにある組匠の里 組紐を編む台 職人気取りのかんくろう 出来上がったブレスレット 綺麗!

最後にくの一さんが案内してくれたのは、「シルクローラン」という、洋風雑貨店。お店というよりアトリエっぽいおうちです。
ここは、ミッチ好みの雑貨品がいっぱい。早速、目を皿のようにして物色してました。かんくろうは素敵なキャンドル入れを発見。
小物を置く小さな台とセットになったものを買いました。ハーブーティーを頂きながら目の保養をさせてもらいました。

素敵なお玄関でしょ〜 アンティークな小物がぎっしり 右が買った台で、左がおまけに頂いた台
京都からって聞いて、大サービスしてもらった
チョーラッキー!!

時間一杯まで案内してくださったくの一さん、ありがとうね〜
おかげで忍者修行も出来(笑)、素敵なお土産もでき、大感謝です〜
近場のプチ旅行だったけど、とても素敵な思い出が作れて、とっても楽しかったです。
来年は、北海道への大旅行を計画中。
果たして、無事に海を渡れるのでしょうか?
また来年をお楽しみに〜