かんくろう忘年会の巻

2002年12月15日、京都散策&忘年会を開催した。
いつものように、言い出しっぺは、ぴたわんさん。関西メンバーが13人参加した。よりによって、底冷えのする京都を見てやろうと騒ぎに来たのは、ぴたわん・みずたま・きたろー・ひかぴー・TOMO・ふう&マルコ・ミッチ・スターオーシャン・マサブー・フォウしゃん・かんくろうの11人。京都高島屋の前で待ち合わせて、怪しい集団を結成。お天気も快晴!散策日和だ〜。いきなりかんくろうのドジから始まった。誰かが言った「オマーラさんが、まだよ」この一言が間違いの元。夜から参加のオマーラさんをまたなきゃって思っちゃったんだよね。気がつかずにそのまま30分、高島屋のXmasショップを見学する羽目に。30分後、気を取り直して出発したよー。

怪しい集団出陣式 夢を求めて宝くじ〜 南座のまねき 祇園のお茶屋「一力」

四条河原町から祇園まで、ぞろぞろ歩く。きたろーさんがいきなり、カメラの充電を忘れたからとカメラ屋さんへ走ってしまった。どっかで追いつくだろうと、みんなはさっさと進むことに。途中宝くじ売り場を発見。ジャンボ買わなきゃって言う話から、みんなで共同購入することになった。もし、あたったら一人3千万〜という甘い夢を見ながら買っちゃたー。番号は内緒なので、画像処理しときやした〜。当ってくれよ、一分の一のハウスのために〜。年末の京都恒例景色、南座の招きの下を通りながら祇園へ。丁度忠臣蔵の時期なので、一力を表から見学。のはずなのに、ぴたわんさんが早くも怪しい行動。暖簾を書き分け、中を覗いてた。さーさー、ここから本領発揮、もう責任もてないよー。

(;¬_¬) ぁ ゃι ぃ ご一行様 掘り出し物あさり もしかして魔王様?

八坂神社について、まずは記念写真。道行く人を無理やり捕まえてパチリ。石段をあがっていくと、露天が出てた。どれでも100円の張り紙を見つけてみんなで掘り出し物を探す。箱の底までひっくり返しながら、しぽり染めの布をゲット。ひかぴ〜さんのアドバイスで、みんな同じ物を買うので、お店のおじさんが変な顔をしてた。境内を進んで行くと不思議なネコが出迎えてくれた。狛犬の下にネコ、あやしい取り合わせでおかしかった。まるで、ぽちとみゅーみたい〜。度胸のいいネコで、カメラを向けても逃げないよ。夢物語の話題で、大いに盛り上がった。階段の上へ行ってみると、あとからくるはずのきたろーさんが、先に着て待っていた。どこで追い抜かされたのかなー?でも、とりあえずは合流できてよかった。きたろーさんは迷子の前歴があるから、要注意。みんなで見張っていなきゃ。
八坂神社から円山公園を抜けて、長楽館へと進む。長楽館は、明治の煙草王「村井吉兵衛」の別荘跡で、ルネッサンス様式の洋館。ルイ15・16世紀のインテリアがそのまま保存されている。今はレストランになっていて、食事をすると中を見ることができる。当然、お昼のランチはここ。着くなり、みんなで玄関の写真をとり始めたので、店員さんがびっくりして出てきた。でも、お構いなしに撮り続ける。みんなで撮れば、恐くない〜。でもやっぱり、怪しまれた…

長楽館全景 Xmasの飾りが… 玄関 街灯 美人がいた〜 門灯

おしゃべりをしながらランチタイム。でも、目が泳いでるー。みんな早く館内を見たくてもじもじしだしたので、早速探検に行く。素敵な調度品がいっぱいあってすごく綺麗。さすが京都の迎賓館といわれただけの事はある。小部屋を入念にチェックしながら撮影大会。ちょっと、トイレって行ってみたら中に素敵なステンドグラスが、当然みんなでパチリ。お陰で、本当に行きたかったフォウしゃんは表で待ちぼうけ。はた迷惑な集団で〜す。お客さんがいる部屋は、カメラだけを部屋の中へ差し込んで、パチリ。もち、これをやっていたのは、怪しい集団の筆頭ぴたわんさんだよーん。

3階へ続く階段 ガラスの彫刻風シャンデリア 問題のトイレ 豪華な天井 象牙のDH?
1階のお部屋 玄関横に大きな鏡 上や下をチェックする怪しい集団

食事タイムより、見学のほうが時間がかかっていたかも…。ようやく外へ出てきて、全員で記念写真に収まったよ。
今度は清水寺の方へ向ってゾロゾロ大移動。二年坂・三年坂をそぞろ歩きで〜す。お土産屋さんがいっぱいのこの通りは、自由行動にしたよ。もう掌握しきれませ〜ん。両側に並ぶお店を冷やかしながら、これなら作れるねーなんて、お店の人が聞いたら怒りそうな会話。冷やかしよりたちが悪かったかもね。手焼きせんべいを売っていたので、できたてをゲット。歩きながらほおばる、おいし〜。漬物屋さんでは、試食のしまくりで、ご飯ホシ〜イってわがまま連発。八橋の試食も当然やったよー。すっかり観光客に成りすましたみんなで〜す。京都に住んでるミッチも恒例のお土産買い捲り。重い〜っていいながら歩いてた。試食でおなかが膨らんだので(試食の域を超えてるー)清水寺へと進んだ。
中を見たい人は入って、何度も着てる人は、清水の舞台の下で待っている事にした。最後に入っていったぴたわんさんとみずたまさんを、下から写したけど、わかるかなー?

ぞろぞろ… 一生懸命手を振る二人

この後、休憩をしに「文の助茶屋」にはいった。甘酒で有名な所なんだけど、かんくろうはおぜんざいを食べた。今日は食べっぱなしだね〜っていいながら、みんなよく食べる。これじゃ、ダイエットなんて遠い話だよ。日も暮れかけてきたので、夜の忘年会の会場「たかし」へ直行する事になった。途中、石塀小路を通って安井へぬける。歩かないとみて回れない所ばっかりだけど、一番京都らしい界隈で〜す。
途中婦人警官に遭遇、みんな思わず静かになったのは何故〜?少しは自覚症状があるのかも…。何とかたかしに無事到着。
少し早いけど、フォウしゃんが誘ってきてくれた謎の人の到着で、忘年会が始まった。オマーラさんも間もなく到着。謎の人は、うりりーなさんだったよ。初めての方なんで(井戸端ではおなじみ)それぞれ自己紹介をした。でも、ハンドルネームのままの自己紹介、ちょっと変。乾杯の後は、鍋をつつきながら、Xmasゲームをやった。どんなんかと言うと、100均グッツのXmasオーナメントをくじ引きで当てて、それをいかにDHに応用するかを発表するの。みんな、まず分解して〜って考えて、色んなアイデアを披露したよ。フォウしゃんにはかんくろうから特別プレゼントで、となかいさんの角をあげた。フォウしゃんの頭の一部になるくらいピッタリで、大受けだった。
宴会中の写真は、すごすぎて放送禁止コードに引っかかるので、お見せできませ〜ん。(よけい気になる?)
夢物語の話やら、プレ五番街の話やらで、大いに盛り上がり楽しい一日だったよー。こんなメンバーが3倍も4倍も集まってくる河口湖、恐ろしく楽しいだろうね。今年も後わずか、来年は、いよいよ五番街の年だねー。みんな元気で集まって、怪しい大集団で暴走しよー!