かんくろうの楽がき帳 
ボックス型のハウスを作ってみました。
初めてオリジナルを作ったときに、空き箱を使って作った覚えがあります。
あれからもうウン年。
ちょっとセンスアップしたかな?

お花は、このハウスの嫁入り先のみゅーさんの作品です。
きっと、もっとたくさんのお花で飾ってくれることでしょう〜
こちらはフレーム型です。
額縁を利用しています。
ちょっとしたお部屋の飾りにはいい大きさかな?
これもプレゼント用です。
20万ヒット記念のカウプに、どっと作ってみたいですね〜

春の京には着物が似合う...
何てどうだか分かりませんが
着物を縫ってみました
素材は泥大島
本物の生地です
糸は絹糸になる前の絹
細い細い絹糸で縫いました。
型紙はひかぴーさんが作ってくださいました

縫うことより、針に糸を通すのが大変
1本通すのに3分は要した大作(?)です

モデルはマジック嬢、いかが?
何で着物?
そうなんです、動機が大事だよね。
実は、ぴたわんさんが、和ダンスに入る
着物を作れたら、「ぴたわん作」の和ダンスに
入れてくれると約束してくれたんです
だから、どうしても12分の1サイズで縫って、
たとう紙に収めたかったの
たとう紙は、まだ検討の余地ありですが、
なんとか7センチ×3センチ、厚み8ミリに
収まりそうです


ひかぴーさんが畳紙を作ってくださいました。
これで完璧だね。
150/1プラモ
プラモデルの「街並みコレクション」を作ってみました
150分の1の大きさです
箱の中身が見えないので、何が出てくるかわからないのです
出てきたのは、お肉屋さん(下の画像)
このままではダサいので、絵の具で変身〜
ちょっとコーヒーショップの雰囲気にしてみました。
ドールハウスの中に入れるドールハウスとしては面白いかも

2005.4.13