鞄屋さん

初めてショップらしいBOXタイプに挑戦。とりあえずMDHのように床と壁から手がける。
ベニヤ板を裁断してもらって、2×4方式(生意気にも)で製作する事にする。
ベニヤ板を惜しんで(けっこう高い)4.5ミリにしたため、板のそりと四苦八苦。
こんな事なら、5.5ミリを奮発するべきだった(後の祭)。縦やら横やら、支え棒を入れて何とかまっすぐに。
結局高くついたかも…反省。作ると煉瓦になる粘土を買ったとこだったので、床の半分は煉瓦敷きにする。
半分は得意の大理石風。買ったらすぐに試したいタイプなんで、煉瓦を作り出す。
薄く延ばしてカットしていくだけ。単純だけど面白い。ひと袋全部煉瓦にしてストック。床に張ったら見事な出来栄え。
でも、目地に使った粘土が乾くと縮んでいく。これには困った。おまけに煉瓦の部分は濡れると色が滲み出してくる。
あんまり触らないように、ソーッとおいておく事にする(なんとかしろよ!)。家具や柱はネイビーブルーにしたかった。
何故だかわからないけど、初めから決めてた。あとでhideさんの好きな色がブルーだって知った。
よかった、赤にしてたら今ごろ震度7の鉄槌がきてただろうな(恐い〜)。壁はブルーが映えるように真っ白。
家具のカーブ部分はきたろーさんにもらった椅子の部品。まともに椅子として使ったことがない。
きたろーさんも承知の上でくれてるので、問題無し(と思ってる)。
どこかにステンドグラスを入れたかったんで、工房の窓にした。もう少し上品に入れればよかったかな?hideさん、ごめん。
玄関のドアも、みようみまねで作ったので、耐久性なし。今では崩壊しているらしい。
ま〜、器用なhideさんのことだからきっと、ドアと窓は素敵に変身させてくれる事だろう。
いまから見ると、赤いテントに助けられて、見栄えだけはいいショップになってるよ、ウウウ…。(むせび泣く(;O;))