ハーブショップ    

ほんの軽い気持ちで、いいよ作ってあげるって言ったのが始まり。そういう意味では、大切な作品。この頃、及川久美さんの本を読んでいて、そこに載っていたハーブショップを手始めに作ってみようかなって思ったんだ。本当に小さなショップで、1週間くらいで出来上がった。でも、作る過程で、こんなにしたらいいんだ〜って思う事がいっぱいあって、かんくろうをショップに誘った記念すべき作品である。それに、マネキネコさんに出会っていなかったら、今の五番街もなかったかも。人の出会いに不思議なものを感じるね、それと同時に、なんて素敵な仲間に囲まれているんだろう〜って、感動しちゃう。小さなショップだけど、残してくれたものはどでかいね。来年には、このショップの隣に本格的なテラスハウスをプレゼントするつもり。どれだけ成長できたか、並べて比べるのも楽しそう。このショップの後記は、続くーってね。