パン屋さん


NAOさんのご希望はパン屋さん。ドールハウスの本に一軒はでてくるショップだから、よけい悩んだ。おまけに、壁の色を塗ってから、某プロの人の言葉に「パン屋さんは清潔第一と、パンがおいしそうに見える店内が大事」という言葉にひっかってしまった。この色で、果たしておいしそうに見えるだろうか?自問自答の日が続き、製作が止ってしまった。しばらく悩んだ結果、やっぱりかんくろうらしく五番街にふさわしいショップにしようと、決めた。棚は可愛くハートの飾りって浮かんできた。急遽、NAOさんに小さなハートや葉っぱを粘土でこしらえて送ってもらった。でも、なかなかイメージが固まらずに、ついに年を越してしまった。年明けにまず、葉っぱを壁に貼ってみた。これが成功、あとはもうどんどんイメージがわいてくるままに作っていった。前と後ろの一部の屋根もなんか愛嬌のある姿になった。悩んでいた外壁もコルクで解消。白い壁にみどりの柱が、なんとなくNAOさんぽいな〜なんて思ってる。NAOさんのお得意なパンがいっぱい並ぶように、棚もいっぱいつけておいた。
手のかかる子ほど可愛いって言うけど、その通りのショップになったようだ。すごく愛着を感じながら、とっても長い間待たせてしまったNAOさんに、送り届ける事にしよう。