かんくろう横浜へ行くの巻
2005年6月13・14日

今年の五番街作品展は、神奈川県横浜市産貿ホールで開催された。と言うわけで、横浜へゴ〜!
朝8時にミッチと合流して、新幹線で一路…と行きたい所だけど、新幹線の各駅停車、つまりこだまで向う事にする。ちょっと時間はかかるがホテル代が浮くぐらい倹約できるので、ここは我慢かな?
でも、関西から10名がこのツアーで行くからもう、車内は遠足騒ぎ。すでにふうマルちゃんとBUBEさんが大阪から乗り込んでいるから席を捜すのも楽珍〜。大阪ではふうマルちゃんが遅れそうになってひと騒ぎあったとか。でも、この先何騒ぎあることやら。
思い思いに座ってぺちゃくちゃおしゃべりが始まる。作品の事、観光の事、ランチの事、五番街のこと…話のねたに不自由はしないよね。
あれこれ話している内に、もう名古屋。ここでくの一さんが乗り込んでくる。列の端の一般のお客様がここで降りた。相当嫌な顔をしていたんだよ。もっともそんなことでひるむ私達じゃないから、意に介さなかったけど。でも、ちょっとうるさかったかな?
割引の限定列車だから、団体ツアーの人が多くて、うるさかったのはうちだけじゃなかったしな〜ま、いいか。とりあえず、これで10人揃ったし、座席も対面に向きを変えたし、これで完全に遠足だ〜
車内でちょっと早めのお昼ご飯。11時前に食べたのはちょっと早すぎるという声もあったけど、お弁当が売り切れちゃうよの一言でお弁当を買う。当然、目の前に置かれればお腹が反応する。これはもう、条件反射。結局食べちゃった〜

ワイワイ楽しい新幹線の中〜 会場へ到着! もうすでに人だかりが...


12時3分、待望の横浜駅に着く。大きな荷物の樹梨さんとBUBEさん、ひかぴーさん親子とみんなの鞄をMutukoさんのご主人に引き取ってもらって、かんくろう達は電車で移動。hideさんが用意してくれた地図に載っていた駅名の桜木駅まで行って、そこからタクシーで会場へ。なんせ、道を歩かしたら迷子になるジンクスの持ち主なんで、ここは安全策を。なんとか無事会場へついた〜
2階へ上がっていくと、もう人でごった返していた。作品は先に送っておいたので、ちゃんと入り口に設置してあった。お世話してくださった方、ありがとうね〜。どんどん中へ入っていくと、懐かしい顔が一杯!初めてお会いする方も一杯!名札を頼りにご挨拶をする。
みんなも作品の設置に大忙し。見学の方も早々といらしてて、すでに会場は熱気ムンムン。hideさんの姿を捜すけど、いない〜そこへ携帯が鳴った。「しょみちゃんが帰るから、隣の喫茶店へおいで〜」急いで言われた道を走る。
なんとか間に合って、しょみちゃんにも会えた〜彼女は五番街きっての応援団長、ぜひ会いたかったんだ〜喫茶店には、昨日から関東入りをしていたマネキネコさんやせっちゃん、Anneさんたちもいた。ネコちゃんは急遽、オフ会にも出てくれるって。嬉しいね〜
しばらくおしゃべりして、また会場へ。はーちゃんが到着していたので、今回のコスチューム、市長のたすきを受け取って装着。えへへ、これで一番目立つぞ〜。みんながたすきを見て、声をかけてくれる、シメシメ、大成功〜。なんせ、目立つ事が大好きだからね〜
そんな目立つかんくろうを見つけて声をかけてくれたのが、かりすさん。彼女とは五番街が出きる前からお友達だったし、ショップを作ってあげた仲だけど、会った事がなかったの。おお〜やっと会えたか〜って言う感じで、おおはしゃぎ。年々充実する紅茶屋さんを前にご対面を果たしました〜。初めてというと、はるか九州から飛んできてくれたAYAさんに会うのも初めて。キャスターをしていたというから…うーん、やっぱり美人!
子供さんの具合が悪くなったからオフ会は出られなくなったんだけど、お会いで着てよかった〜
かんくろうさん!って言う声で振り向くと、これまた美人が〜家族で着てくれたvivienneさんだった。ご主人もとってもイケ面。お嬢ちゃんのさーちゃんとも仲良しになれたよ〜みゅーさんやおかゆちゃんもあちこちで再会を果たし、歓声を上げてる。うちのお教室のメンバーのヴァールさんや都さんも熱心に作品を見て回ってた。行けないかも…って言ってたペギーさんも着てくれた。ペギーさんは結局二日間とも着てくれて、これなら展示できたね〜って残念がってたよ。ばにゑちゃんも仕事を抜け出し駆けつけてくれたし、ゆー7さんやリナママさんも作品を持参で走ってきてくれた。特にママになりたてのNAOさんが、子育ては大変〜って言う言葉に、みんな大爆笑。だって、彼女は元保母さんで、子育て得意そうだったんだもん。今日は、天国〜ってちょっとだけの一人身を満喫してたみたい。ふわふわみーなさんもお仕事の合間を縫って、作品の展示に駆けつけてくれたよ。みーなさんファンのミッチは、みーなさんの後ろにびったりついてビーズを覗き込んでいた。後はもう、人人人でごった返してて、どこに誰がいるか判んないよ〜。
ご挨拶をして回ると、みんながお土産をくれる。噂では年貢という説もあるけど、これが楽しみで〜お宝を一杯ゲットできるのも五番街の醍醐味かもって、内心ホクホク。これでまたコレクションボックスが一杯になる〜小物作りが苦手なかんくろうにとっては、一番楽しみなタイム〜(爆)
きたろーさんからの預かり物のガラス球の販売もあったんだけど、チャトランさん達が助けてくれてたので、作品の撮影にかかる。今日帰っちゃうじいじさんの作品から撮りだす。このために三脚も持ってきたんだから〜偉い!
机の上に所狭しと力作が並ぶ。毎回みんなすごいね〜。見とれてなかなか進まないよ。去年と同じ器でも、中身がどんどん増えて、とっても賑やかなハウスになってる。栃木うさちゃんのとこなんか、商品が増えて溢れかえってとっても楽しいショップになっていた。表に置いてある招き猫の表情が去年より可愛くなっていたり、色んな発見があって面白いよ〜

てるとさんの販売コーナー 五番街の次期市長候補?さーちゃんです


ラビーさんおっとっとさんの二人は、会場でDHを初めてドッキングさせるという、ドキドキ設置をやっていた。さすが夫婦の息が合ってたのか、見事な作品に仕上がりました〜なんでも、ラビーさんはホテルに着いてもギコギコやっていたとか。ここまで来ると、もう職人根性だね。立派!
入り口付近では、峠のダンナさんとめるもちゃんが一生懸命受付をしていてくれたり、地元のMutukoさんが荷物の整理をしてくれたりと、みんな自主的に動いてくださるので、かんくろうは会場内をふわふわ飛んでました〜(笑)会場内でも、ひときわ目立つのっぽの男性二人。おっとっとさんじゃないしな〜誰だろうって近づくと、ツーちゃんとてるとさんでした〜大きな作品と陶器を一杯持ってきてくれたてるとさん。はるばる北海道からの参加で〜す。ツーちゃんは女性だと思っていたからW(*゜O゚*)W。渋い素敵な男性でした〜もちろん、会場設営で大活躍してもらいました…やっぱり!一年ぶりの再会で沸き返る会場、時間の経つのが早い〜おやつタイムしなくちゃ〜(なんでやねん!)
YOUちゃんが北海道の有名なお菓子を送ってくれたり、みんなが持ってきてくれたお土産でテーブルの上はお菓子が一杯〜
全国のお菓子をほおばり、さらにおしゃべりが弾む。こんな賑やかな作品展、他にはないだろうね〜
かんくろうのキットもTatsuruさんとお友達が買ってくださり、一気に完売〜これで帰りは荷物が減ってひと安心。でも、今回はミニハウス倶楽部の展示があって、同じキットでこうまで違うか〜って目から鱗の作品が並んでいたよ。かんくろう工房の常連さんのくりおれこぶたさんも展示してくれて、おまけに作品展のお手伝いまでしてくださって、とっても嬉しかったです〜
みんなと騒いでいたら、ぴたわんさんが呼びにきて、ディアゴの人が着てるよって。出版元の人が見学に見えました〜三番街からこんなでっかい五番街が生まれました〜って大笑いをしたよ。今、和風を販売しているから、和物を一生懸命覗き込んでいたよ。
横浜というと、赤い靴、ましてや山下公園の向かいにある会場。五番街ドールクラブのkikiさんやさとちゃん、せっちゃんやはーちゃんが、素敵なドールを展示してくださって、さらに横浜ムードを盛上げてくれました〜そうなんだよね、ここは横浜。異国情緒を味わいに行かなくちゃ。
味わいの意味が違うかもしれないけど、オフ会だ〜!さぁ〜飲むぞ〜!!

さすが横浜、立派な建物が...
少し暗めの会場...ムードある? でもにぎやか過ぎるメンバーが ムードそっちのけで 食べまくる〜


5時になったんで、ひとまず会場を閉めてみんなで大移動。横浜の町をぞろぞろ歩くことに。これがまたひと騒動よ。
なんせ、怪しい集団だからね。年も違う男女が、ぺちゃくちゃしゃべりながら歩くんだから、相当目立つ。良く、ニュースにならなかったもんだ(大げさか?)かっこいいお店を見ながら目的地までぶらぶら。これでもう、ハマッコか?
オフ会のレストランはhideさんお勧めのイタリア料理のお店。貸切だから騒いでも大丈夫だい!マイク片手にご挨拶をして、みんなで乾杯〜
後はもう、パラダイス!好き好きに飲んで食べてたっぷり楽しみました〜最後に記念写真を何枚も撮って解散〜

まずはみんなで、ハイチーズ! もう一丁、思いっきりはじけてパチリ そんじゃ、シャッフル〜ハイポーズ!

ホテルまではタクシーでゴ〜。ちょっと(;¬_¬) ぁ ゃι ぃ 場所にあるらしいホテル。男性陣の脱走が心配だけど、安いからいいっか。
シャワーの後みんなどうしたかなって、電話をしてみる。そしたらAnneさんが粘土の講習をしてくれるって。これは逃しちゃだめ〜ってことで、急遽かんくろうのお部屋へみんな集合。夜の勉強会になりました〜みんな熱心だね!
酔っ払って講習の途中から寝ていたミッチは早起きで、朝の7時前に起こされちゃいました。身支度を整え、みんなと朝食に。
10時にはもう一緒に会場入りしたよ。一番か〜って思っていたけど甘かった。すでに会場は人が一杯。またまた大騒ぎの始まり〜
若い方から声をかけられ振り向くと、のんのんちゃん、そねちゃん、yukarinちゃんでした。若いっていいね〜お肌ピチピチだよ。しっかり握手をして、ヤングエキスを吸収した?かんくろうです。今日も一杯しゃべるぞ〜

横浜に突如怪しい集団が... 可愛い小物がいっぱい、でも買わない みんな小さくすることしか考えてない! おしゃれなレストランでランチ〜

お昼のランチに行くよ〜ってhideさんに引っ張られて、憧れのレンガ倉庫館へ。なかなかいい感じ。中もおしゃれで、ショップが一杯出てた。
子供へのお土産探しにちょっと忙しかったんだけど、なんせ今回、大が新幹線代を、小がホテル代を出してくれたんでなんか買っていかなきゃ。
大は甘いものが好きなんで、人形焼を買う事にして、小にサーフボードの形をしたライターを買った。
ランチの間中もドールハウスの話ばっかり。リナママさんがショップに飾っているビーズのドレスとソファー以外はあげても良いよっていうなり、みんなの目がキラーン。あれがいい、これがいいって、みんな勝手な事ばっかり。当然かんくろうもケースに入ったコスメセットを頂くことに。一番欲張りだったかも…やっはり (o_ _)oドテッ
会場へ戻らなきゃって思ってたんだけど、hideさんたちがせかっく来たんだから横浜見物に行っておいで〜って。そんでもってぜひ見たかった西洋館を訪ねる事にした。
住んでみたい〜 せめてDHにするか... 港が見える丘?みえたか、港 バラ園です〜

ドールハウスが建ってるようだよ、って聞いてはいたけど、まさしくその通り!どれも素敵なハウスで、時間の許す限り見て回ったよ。
これでまた、次回作の意欲が湧いてくる〜写真をいっぱい撮って、港の見える丘から横浜を眺めて、赤い靴のバスに乗って帰ってきました。
会場についたらもう片付けが始まっていた。かんくろうはインド料理店を箱の中にぼっそっといれるだけだから、チョー簡単。会場のお片づけもみんな手早いからすぐ片付いちゃいました。撤収の速さは五番街の伝統みたいで、ビックリする速さだよ。あっという間に、入り口にはダンボール箱の山が。早く片付くとなんか名残惜しいんだけど、帰りの新幹線に乗り遅れると大変なんで、みんなで2年後の再会を約束して、関西組みは一足早く出発で〜す。
新横浜の駅で、お土産とお弁当を買ってこだまに乗り込みます。ひかぴーさんのお友達と静岡までご一緒だったので、またまたお話しが弾んだようで、樹梨さんとBUBEさんはもう年末のピアザの話をしているよ。みんなの作品を間近で見て、内のお教室のメンバーもやる気満々。いい刺激をもらったみたいです〜。
今年も嵐のような五番街作品展。日頃ネットで親睦を深めてきた仲間と会うのは、それはもうたとえようもないほどの楽しさ。
そして、細部まで作りこまれた作品の数々、お互いを刺激しあいながら称え合う。五番街ならではの光景が、今年もあちこちで見られました。
感動の余韻を残し、更なる再会を目指して、またみんなドールハウス生活を楽しんでくれることと思いま〜す。
次は2年後ですが、貴方の近くの町へ五番街が行ったら、ぜひ夢の二日間を体験してみてください〜
最後に、ご来場くださった皆様、お手伝いしてくださった皆様、声援を送ってくださった皆様、参加してくれたみんな、本当に本当にありがとう!
また元気に会いましょうね〜!!